闇金は本当に存在するの?【あなたのすぐそばに潜む超危険な組織】

この記事は 4 で読めます

闇金は本当に存在するの?

闇金なんて本当に存在するの?」
「どうせ映画やドラマのなかだけの話じゃないの?」

実際にお金を借りたことがない限り、闇金の存在を信じていない人もいるのではないでしょうか。

この記事では、現代における闇金の実態についてご紹介します。
自分には関係ないと決めつけずに、あなたも心当たりがないかチェックしてみてください。

1.闇金の定義は?

闇金の定義は?

そもそも闇金とは、一体どういう組織のことを指すのでしょうか。

たとえば、消費者金融も闇金と同じように貸金業を営んでいます。
一般によく混同されてしまいがちな両者ですが、実はそこには大きな違いがあります。

それは、国や都道府県から許可を得ているかどうかです。

組織として貸金業を営むには、まず業者としての登録を済ませなければなりません。
すなわち、国や都道府県からの許可を得てはじめて貸金業者としての営業ができるのです。
また、このルールを定めているのが貸金業法という法律です。

なお、闇金の多くは貸金業者としての登録を済ませていません
つまり許可を受けることなく営業を行っている闇金は、その存在自体が法律違反なのです。

したがって闇金の金利も法外な高さで、法律によって定められた上限の20パーセントをはるかに超える金利が通常は設定されています。
トイチやトゴなど闇金の金利に関する用語もありますが、これらも当然のように上限を超えています。

闇金とは違法に融資を行っている集団、そう考えて間違いありません。

闇金のさまざまな手口

一口に闇金と言っても、その手口はさまざまです。
闇金が用いる代表的な手口について見てみましょう。

  • 携帯電話を通じた融資
  • チケットなどの買い取りによる融資
  • SNSアプリを通しての融資

闇金は基本的に店舗を持ちません
携帯電話などを使って利用者と連絡を取りながら、営業を行うのです。
電話だけでお金が借りられるという手軽さも、闇金トラブルの被害者を生んでしまう理由の一つです。

また、チケットや家電などを買い取って現金化することで融資を行う手口や、最近ではSNSアプリを利用した手口も増えているようです。
闇金の手口は非常に多岐に渡っており、私たちも気づかぬうちにその悪質な手口にかかってしまう危険性があります。

2.闇金は確かに存在している

闇金は確かに存在している

現実社会において、闇金は実際に利益を得ながら存在しています
日本中に悪質な闇金が散らばっており、なかには映画で見るような恐ろしい取り立てを行う業者もいます。

普通に生活をしてお金に困らない限りはまず関わることがないため、闇金が存在しているという実感はなかなか湧きにくいかもしれません。
しかし、思ったよりも身近なところに闇金は潜んでいると考えておくべきでしょう。

事実、日本では闇金の被害に遭ってしまう方が未だ後を絶ちません
お金に困ったとき、いつ自分が被害者になってしまうかも分からないのです

闇金は減ってきている?

金融庁の調査などによると、闇金の数は年々減少傾向にあると言われています。
これは、警察に摘発される闇金の数が減っているという事実に基づきます。

しかし、摘発件数が減っているからといって安心はできません
手口が巧妙化して摘発されていないだけで、隠れて営業を続けている闇金も多く存在するためです。

また闇金は、そもそもの登録を済ませずに営業を行うため、その全体数を把握するのが困難であるのは容易に想像がつくでしょう。

お金に困っている人がいる限り、闇金が完全になくなることもほぼないでしょう。

3.闇金トラブルに巻き込まれないには

闇金トラブルに巻き込まれないには

闇金はどこにでも実在しており、いつ自分が被害者になってしまうか分かりません。
トラブルに巻き込まれて取り返しがつかない状態になってしまわないよう、闇金は絶対に利用しないという強い気持ちを持ってください。

どうしてもお金が必要な状況もあるかと思います。
しかし、いかなる理由でも闇金に手を出してはいけません。

闇金の利息は法外で、融資を返済するのは事実上不可能です。
一度利用してしまうと、状況が悪化してしまう一方となるのは間違いありません。

多重債務のあなたは要注意!

ここで例えば、多重債務の状況を想定してみます。
消費者金融などからの融資が受けられず、他ならぬ闇金でしか融資を受けられないという状況が考えられます。

闇金は、利用者のまさにその状況を待っているのです。
つまり私たちは、闇金でしか融資を受けられないような状況に陥ってはいけないのです

闇金の被害に遭わないためには、闇金を利用しないことはもちろん、闇金を頼ってしまう状況を作らないことが大切です。

経済的に厳しくなったら、早めの問題解決を急ぎましょう。
時間の経過につれて精神的にも追い込まれ、闇金に手を出すようなことは絶対にあってはなりません。

まとめ

まとめ

日本社会に闇金は確かに存在しており、人々の陰に隠れて営業を続けています。
闇金は非常に恐ろしい組織で、どんな状況でも絶対に利用してはいけません

万が一闇金の被害に遭ってしまった場合には、弁護士に相談するなどの対応を急いでください。
法律の専門家である弁護士の力を借りて、すぐさま安心の生活を取り戻しましょう。

【注】闇金のお悩みを相談したい方は闇金のトラブル、相談するならまずは弁護士!その理由を徹底的に解説しますをご確認ください。

闇金のお悩みはもうやめませんか?
必ず解決策を見つけ出します。


弁護士法人イストワール法律事務所に
闇金のお悩みを無料でご相談ください