名義貸しの被害にあったらどうすべき?【名義貸しトラブルの解決法】

この記事は 4 で読めます

名義貸しの被害にあったらどうすべき?名義貸しトラブルの解決法

「闇金に携帯電話やタブレットを契約させられた。
口座情報を渡すよう闇金から言われた。」

あなたは闇金からこんなことを提案されていないでしょうか?
携帯電話契約や銀行口座をとおして自分の名義を闇金に渡すことを、名義貸しといいます。

名義貸しをしてしまうと、闇金の被害者でもあるあなた自身が犯罪者になりかねません。

ここでは、名義貸しトラブルの解決方法についてご紹介します。
記事を読み終えるころには、名義貸しには絶対に手を出してはいけないということが理解できているでしょう。

1.闇金と名義貸しのカンケイ

闇金と名義貸し

名義貸しはその名の通り、他者に自分の名義を貸すことです。
これは、自分に全く関係のない契約や取引に対して自分の名義を貸すことであり、立派な違法行為です。
闇金はこの名義貸しを利用して、違法にお金を稼ごうとします。
万が一騙されてしまえば、自分の銀行口座が犯罪に悪用されたりするので十分に注意しなければいけません。

たとえば、銀行口座を貸してくれれば謝礼として数万円を支払います、といった謳い文句で闇金は近寄ってきます。
口座を貸すだけでお金がもらえると安易に考えてしまうと、気付かぬうちに自分の口座が詐欺などに利用されてしまうのです。

返済の代わりに名義貸しを迫るケースも

また、闇金を利用していて返済が難しくなった場合に、闇金側から銀行口座や携帯電話などの名義を貸せと迫られるケースもあります。
この場合は返済ができないという後ろめたさから名義を貸してしまうことが多く、やはり犯罪に利用されたりします。

闇金はあらゆる手段で名義貸しを迫り、金稼ぎに利用するのです。
名義貸しは違法であると強く認識し、絶対に名義を貸さないよう意識することが大切です。

2.名義貸しの被害にあってしまったら

名義貸しの被害にあってしまったら

ではもし自分が名義貸しの被害にあってしまったら、どのように解決を目指せばいいのでしょうか?

名義貸しでお金を受け取ってしまったときは?

ここでは例として、闇金に名義を貸してしまい、いくらかのお金を受け取ったケースを想定します。

まずこの時、闇金はあなたの名義を使って金融機関からお金を借ります
そしてその借りたお金の中から、謝礼としてあなたがお金を受け取ることになります。
口座を貸すだけでお金を受け取れるということで、何となしに名義貸しに協力してしまう利用者が多いわけです。

一方で、金融機関からお金を借りているので返済の義務が当然に生じますが、その返済は自分たちでやるから大丈夫だと闇金は言ってきます。
しかし実際、闇金がお金を返済することはまずありえません

契約の名義はあなたの名前になっているので、法律的には返済の義務があなたに生じます
後になってから金融機関から返済の督促が来て、そこで初めて被害にあったことに気付くのです。

名義貸しトラブルの解決法とは?

名義貸しの被害にあった場合の解決法は、以下のような方法が考えられます。

  • 弁護士に相談する
  • 警察に相談する

自分で借りていないお金であっても名義を貸してしまった以上、契約のうえで返済義務が生じているのは自分です。
闇金がお金を返済することはありませんから、自分自身でなんとかしないといけません。

まずは弁護士に話を聞いてもらうのが一般的です。
もし既に、名義貸しによってなんらかの実害が出ている場合は、警察に相談することも検討しましょう。

特に名義貸しによって犯罪などに巻き込まれてしまった場合は、自分一人での対処が難しいので、弁護士や警察など専門家に協力してもらうことが大切です。

【注】いち早く名義貸しのお悩みを相談したい方は闇金のトラブル、相談するならまずは弁護士!その理由を徹底的に解説しますをご確認ください。

3.名義貸しの返済義務は自分にある

名義貸しの返済義務は自分にある

ここまで紹介してきたように、名義貸しをしてしまうと返済義務は名義を貸してしまった利用者本人に生じます
自分の名前や銀行口座を使われていれば、たとえ身に覚えのないことであっても返済も迫られることになります。

これが名義貸しの恐ろしいところです。

他人の借金を抱えることになる名義貸し

少額であれば自分で返済することも考えられるかもしれませんが、金額が大きければ大きいほど返済も難しくなります。
知らず知らずのうちに作られた借金で、辛い思いをするのです。

闇金に騙されて名義貸しをしてしまったとしても、法律的には返済義務は自分にあります。
そこで、このような名義貸しトラブルをいち早く解決するにはどんな方法があるのか、しっかりと把握しておきしょう。

4.名義貸しによる借金が返済できない時の債務整理

名義貸しによる借金が返済できない時の債務整理

名義貸しによって多額の借金ができて返済ができない場合は、借金を免除してもらったり、減額してもらうような手段を考えないといけません。
こうした方法を債務整理と呼ぶわけですが、債務整理の方法もいくつかに分かれます。

債務整理としてまずは、任意整理自己破産が代表的です。

あなたを救う任意整理と自己破産

任意整理は、返済時に生じる利息を無しにしてもらうことで、元金だけを返済すればよくなる制度です。
元金の返済は必要ですが、利息が無いので負担を最小限に抑えられます。

自己破産は、借金そのものの免除を申請し、それが認められれば一切の返済の必要が無くなります
ただし、自己破産すると家や車といった資産を没収されることとなり、大きなリスクも伴います。

まずは弁護士に相談して、状況を伝えましょう
あなたに最適な解決策を提示してくれるはずです。

まとめ

まとめ

闇金に言われるがままに一度でも名義を貸してしまうと、多額の借金を背負わされるという恐ろしい結果を招きます
法律の専門家である、弁護士に相談して対処するのがベストでしょう。

ただし闇金の問題は、弁護士にとっても解決が厄介な問題の一つです。
必ず、闇金問題を解決するノウハウをもった弁護士を選びましょう。

弁護士法人イストワール法律事務所は、これまで数々の闇金に対応してきました。
安心して、まずはお気軽にご相談ください。

相談は無料で受け付けております。

闇金のお悩みはもうやめませんか?
必ず解決策を見つけ出します。


弁護士法人イストワール法律事務所に
闇金のお悩みを無料でご相談ください