【年金担保金融に騙された!】悪徳業者と縁を切るには弁護士へ相談を。

この記事は 4 で読めます

年金担保金融に騙された!年金担保金融と今すぐ縁を切る方法

お金を調達する方法の一つに、年金担保金融と呼ばれるものがあります。
実際に、年金を担保とした融資が行われるわけです。

しかし、年金担保融資をおこなう業者のなかには、悪質な闇金がひそんでいます

この記事では、もし年金担保金融に騙されてしまった場合にはどうすればいいのか、いち早く闇金と縁を切る方法について解説します。
記事を読んだら、トラブルの解決へ向けてすぐに動き出しましょう。

1.年金担保金融の仕組み

年金担保金融の仕組み

年金担保金融が年金を担保にして融資をすることは、既にご承知いただけているかと思います。
ここでは、その仕組みについて詳しく理解しましょう。

まず闇金は利用者へ融資をする前に、以下のような年金の取り扱いに必要なものを預かろうとしてきます。

  • 年金証書
  • 年金が振り込まれる預金通帳
  • 銀行印
  • キャッシュカード

これらが闇金の手に渡ると、自分の年金が闇金に自由に使われることになってしまいます
お金の返済は年金から差し引いて行われ、さらには闇金が法外な利息を取るために手元には年金がほとんど残らないというケースも珍しくありません。
毎月の年金がいくらになるかは人によって違いますが、年金の大半を担保として持っていかれることが多くあります。

お金が必要な時は便利に感じますが、後で大きな闇金トラブルに発展するので危険です。

年金を担保にするのは違法

お金を融資してもらう際に担保を設定することは、正規の融資でもよくありますが、年金を担保にするのは国民年金法などで禁じられています
一部例外があり、国に認められた公的金融機関、たとえば福祉医療機構日本政策金融公庫などは年金を担保に融資できますが、それ以外の組織や団体は年金を担保にはできません
当然闇金も、年金を担保に融資するのは法律違反犯罪です。

年金担保金融はそもそも法律違反であり、実態は闇金であることを認識しましょう。
年金を担保に融資できる機関が一部あるために、大丈夫そうだと感じてしまいがちですが、年金を担保にして闇金から融資を受けるのは非常に危険です。
後で返済できなくなって追い詰められてしまうことも多くあるため、十分に気をつけなければなりません

2.高齢者の弱みにつけ込んでくる

高齢者の弱みにつけ込んでくる

年金を担保にできるのは、年金を受け取っている高齢者だけです。
つまり年金担保金融のターゲットは高齢者であり、闇金は高齢者の弱みにつけ込んで、年金を奪い取ろうとします

たとえば高齢者になると、仕事を退職していることもほとんどで、お金が必要になってもお金を得る手段があまりありません。
闇金はその点を悪用して、年金を担保にしてもらえれば融資をすると誘ってくるわけです。

一時しのぎの借金に要注意!

特に、病院の費用などのまとまったお金が必要な場合に闇金を利用してしまうという傾向が見られます。

高齢者にとっては融資を受けられるということだけでも魅力的で、危険だと思いながらも利用してしまうことがあります。
しかし、利用して気付いた時には高額な利息の返済に追われ経済的に非常に苦しい生活を強いられることとなります。

3.年金証書などを取られて手が出せない

年金証書などを取られて手が出せない

また年金担保金融を利用すると、年金証書をはじめとした年金受け取りに必要なものを闇金に取られてしまいます
この状態になると、もう自分では自由に年金を扱うことができず、闇金側に勝手に扱われることになります。

年金を闇金に操られてしまい、毎月入ってくるお金の大半を返済に回されてしまう
利用者の生活は、それまで以上にどんどん苦しくなりますが、闇金にとっては関係ありません。

最悪のケースでは、別の闇金から融資を受け、さらに追い込まれることもあるでしょう。
年金を担保にするということは、それだけ恐ろしいのです。

はじめはやさしい言葉で迫ってくる闇金

闇金も最初の対応を丁寧にすることで利用者を油断させますので、ついつい利用してしまうことがあります。
そして一度年金を担保に取られてしまえば、その主導権はもう闇金のものです。

年金を盾に返済を迫るという非常に悪質な闇金で、近年では西日本を中心に被害が拡大しています。
万が一、年金担保金融を利用してしまったのであれば、できるだけ早く闇金と縁を切るよう動かなければいけません

4.年金担保金融と縁を切るには?

年金担保金融と縁を切るには?

年金担保金融を利用してしまっても、早期に縁を切ることができれば被害も最小限で済みます
どうすれば縁を切られるのかが知りたいポイントなわけですが、ここで大事なのは闇金が年金を利用できない状況を作ることです。

預けた年金証書などを取り戻したり年金が振り込まれる口座を変更するなど、具体的な方法もいくつかありますが、自分一人でこうした対応をするのはなかなか難しいものです。

闇金問題で頼れるのは弁護士

年金担保金融と縁を切る方法として、法律のプロである弁護士に依頼する方法が考えられます。

闇金対策をしている弁護士に依頼することで、自分の代わりに年金担保金融と交渉をしたり、年金証書などを取り戻してくれたりします。

闇金トラブルの解決は、自分だけでは難しく大変な作業です。
専門家の力を借りるなどして、スムーズに解決を目指すことも大切です。

まとめ

まとめ

年金担保金融を利用すると、大切な年金を闇金に奪われてしまいます。
利用してしまった場合は、できるだけ早く必要な手続きをとって縁を切るべきでしょう。

そこで頼りになるのが弁護士です。
どうすれば事態を解決していけるのか、早めに相談して対処をしていきましょう。

弁護士法人イストワール法律事務所には、闇金対応の実績・ノウハウが豊富にあります。
近年の複雑化している闇金の特徴や最新手口についても、しっかりとフォローしています。

闇金被害でお困りの方は、今すぐご連絡ください。
あなたに合わせた、最適な解決方法をご提案いたします。

【注】相手は闇金かも、と感じたら闇金のトラブル、相談するならまずは弁護士!その理由を徹底的に解説しますをご確認ください。

闇金のお悩みはもうやめませんか?
必ず解決策を見つけ出します。


弁護士法人イストワール法律事務所に
闇金のお悩みを無料でご相談ください