【クレジットカード現金化に気をつけろ!】よくある詐欺の手口を教えます。

この記事は 3 で読めます

クレジットカード現金化詐欺の5つの手口とその対処法

「クレジットカードの現金化って便利だけど、なかには詐欺もあるの…?」

実はいまクレカのショッピング枠現金化を利用して、たくさんの詐欺が発生しています

あなたもお金に困って手を出した結果、気づかぬうちに詐欺に巻き込まれてしまっているかもしれません。
この記事では、クレジットカード現金化業者の悪質な手口被害に遭ってしまったときの有効な対処法をご紹介します。

1.クレジットカード現金化詐欺の5つの手口

クレジットカード現金化詐欺の5つの手口

① なにかと費用を取られる

クレジットカード現金化業者は、大抵がホームページを運営することで利用者を募っていることはみなさんもよくご存知でしょう。

ほかの業者より高く現金化できること、もしくは100%に近い換金率や何%以上保証など、魅力的な宣伝文句で利用者をおびき寄せます
しかし、実際に利用してみると最終的には宣伝された値段での現金化が実現しない、という詐欺の手口があるのです。

悪質な現金化業者は換金率で嘘はつかずとも、それ以外に手数料を取ることで利益を得ています
決済手数料や配送料、消費税などの様々な名目で費用が発生しますが、思い当たる言葉はないでしょうか。

この手口が厄介なのは、手数料などの説明は事前になく口座に入金されて初めて被害に気づくという点です。
さらに手口に引っかかったことに気づいてもキャンセルに応じてもらえない、もしくはキャンセル料を請求されるというケースも多くあります。

② 規約に不利な条件が記載されている

クレジットカード現金化をせっかく利用するのであれば、1%でも率がよい換金業者を選びたいと思うでしょう。
現金化業者の中にはそれを逆手に取り、利用者を高い換金率で釣る一方、利用者が気づかないような場所にこっそりと不利な条件をつけている場合があります。

たとえば98%の換金率を表示しておきながら、実は100万円以上の利用者が対象であり、100万円未満の利用者は15%の率を適用させるというようなケースです。
そしてその条件の記載は、多くの人がよく確認せずに同意してしまうような文字がびっしりと書かれた利用規約のなかに盛り込まれています。

図らずも極端に低い換金率での取引となって、愕然とする方もいるでしょう。
しかし卑怯な手口に腹を立てたところで、規約に同意した事実があるためにクレジットカード現金化業者は返金などの対応には応じてくれません

③ そもそも入金自体されない

悪質なクレジットカード現金化業者の中には、1円も入金することなく姿をくらましてしまうところもあります。

利用者の方はすでにご存知でしょうが、クレジットカードの現金化はショッピング枠を使って商品を買うのが一番最初の出発点です。
その後、クレジットカード現金化業者に商品を売却し、それに応じて換金されたお金が利用者の口座に振り込まれるという流れになります。

入金自体がされないこの手口に引っかかってしまうと、取引額のすべてを失ってしまうのです。
少額であれば諦めもつくかもしれませんが十万円や百万円単位で詐欺に遭った方は、やるせない気持ちと腹立たしい思いでいっぱいでしょう。

業者と連絡がつくこともなく返金も期待できないので、非常に悪質であることは間違いありません。

④ 個人情報が悪用される

人は困窮状態にあるとき、物事を冷静に判断できなくなってしまいがちです。
普通に考えればすぐにおかしいと気づけるようなことでも、今の状況をただ脱したいという思いから危険なことにも手を出してしまうことがあります。

クレジットカード現金化業者を利用する場合、身分証明として名前や住所、生年月日、連絡先のほか、クレジットカードの暗証番号を伝えます。
利用者が提供した情報が、悪質な現金化業者によって悪用されてしまう危険があるのです。

たとえば、現金化業者が入手した利用者の情報を名簿屋に売却すれば、利益を得ることができます
また他の詐欺師にも情報を横流しして、別の詐欺師からも利用者がターゲットにされてしまうこともあります。

⑤ 闇金が絡んでいる

悪質なクレジットカード現金化業者が闇金に個人情報を売ることで、闇金からも新たな標的にされてしまうケースもありますが、ほかにもパターンがあります。
それは、現金化業者そのものの運営元が闇金であるケースです。

はじめはクレジットカード現金化業者として、利用者とも取引をしています。
しかしショッピング枠が限度額まできたら、審査のハードルが低いクレジットカード会社を紹介して契約させます。
この紹介を繰り返し、利用者がクレジットカードではやりくりができない状態まできたら、今度は闇金として融資をして暴利をむさぼるのです。

このパターンの詐欺被害に遭っている方は、今回ご紹介したうちでも最も悲惨な状況に追い込まれているといえます。
この場合は、まず弁護士に相談してみることをおすすまします。

【注】闇金のお悩みを相談したい方は闇金のトラブル、相談するならまずは弁護士!その理由を徹底的に解説しますをご確認ください。

2.有効な対処法は?

2. 有効な対処法

クレジットカード現金化に手を出すような方は、一般の金融機関では融資をしてもらえないというような相当お金に困った状況にある人がほとんどでしょう。
実際、ショッピング枠の現金化に手を出している方には以下のような問題点があります。

  • ショッピング枠の現金化は、破産の法律における借金の免除を認めない免責不許可事由に該当
  • ショッピング枠の現金化は、各クレジットカード会社の規約違反

予想外の違法行為にどう対処するか

こういった自分では予想しえない違法行為でも、裁判所の判断次第では許してもらえることがあります。

しかし、裁判所の許しをを勝ち取るには、弁護士の力がなければ厳しいでしょう。

弁護士であれば、法的にどう対処すべきかをアドバイスしてくれます。
まずは、無料相談をするのがよいでしょう。

まとめ

まとめ

この記事で紹介した一連のクレジットカード現金化トラブルは、専門家である弁護士を頼るのが賢明です。

弁護士法人イストワール法律事務所には、闇金対応の実績・ノウハウが豊富にあります。
近年の複雑化している闇金の特徴や最新手口についても、しっかりとフォローしています。

闇金被害でお困りの方は、今すぐご連絡ください。
あなたに合わせた、最適な解決方法をご提案いたします。

電話・メールでの相談は、無料で受け付けています。

闇金のお悩みはもうやめませんか?
必ず解決策を見つけ出します。


弁護士法人イストワール法律事務所に
闇金のお悩みを無料でご相談ください