【闇金の返済でもう悩まなくてよい!?】弁護士がとっておきの事実を教えます

この記事は 5 で読めます

闇金に返済できないあなたが知っておきたい3つの知識

「闇金への返済がどうにも間に合わない…」

そんな状況におちいってしまい、頭を抱えていませんか?
相手は闇金であり、返済できないとなれば何をされるか分からないので恐ろしいですよね。

しかし実は、闇金から借りたお金に返済の必要はありません
この記事では、闇金に返済できないあなたがいまどうすべきなのかを分かりやすく解説していきます。

すぐさま行動にうつすことで、スピーディーに闇金問題を解決しましょう

1.返済できないままだと迎える状況

返済できないままだと迎える状況

返済できない状態が続くと、当然のことながら利息も含めた返済金額は大きくなっていきます。
もし相手がまともな金融業者ではなく闇金業者であれば、余分な手数料なども要求されて、さらに借金は膨らむでしょう。
場合によっては、いつのまにか利息率が上げられて、最初に借りたお金の何十倍にも借金が増えてしまったというケースもあるようです。
このように返済が遅れているとなれば、闇金はますます圧力をかけてきます

過熱する取り立て

よくある手口として、昼夜関係なく電話して催促をします
1日に100件以上の電話がかかってくるため、日常生活に支障がでてしまったという方も少なくありません。
また電話に出ても、罵倒されたり脅迫されたりするので、精神的にもかなり大きなダメージになります。
闇金業者はこのような手段を使って、借金をしている人を追い込んで半永久的にお金を搾り取ろうとしてきます

このような催促電話に加えて、直接的な取り立ても行われます。
闇金業者はこちらの個人情報を握っていますので、どこに住んでいるのかも当然分かっています。
昼夜関係なくインターホンを鳴らし、それでも出ないと座り込みをして、家から出てくるのを待ちます。
なかには夜間でも厳しい取り立てが行われ、大家さんから家を追い出されてしまったというような方も珍しくありません。
闇金業者のなかには、家から出てきたところを連れ去ったり、暴力をふるったりする暴力的な業者もいるといわれています。

闇金から簡単には逃げ切れない

これらの闇金業者の取り立てに対し、債務者は我慢をせずに別の場所に逃げてしまうという方法もあります。
しかし、そもそも資金が限られていて遠出ができないことに加え、闇金業者が通じている様々なネットワークからすぐに見つけられてしまい、再び催促を受けることになります。

また、これらの取り立てが行われる対象は本人に限ったことではありません
闇金業者は、借金をしている本人の家族や友人などの個人情報も手に入れて、借金の肩代わりを要求するケースもあります。

場合によっては職場に行き、借金の取り立てを行うようになります。
結果として会社での評判が悪くなり、辞めざるを得なくなってしまうこともあるようです。

闇金からの借金の返済ができなくなると、本人はもちろん周囲の人間にも悪影響を及ぼしていきます。
したがって、闇金業者からの借金が返済できなくなったとしても、そのまま放置しておかないようにしましょう
なるべく早めに手を打つことによって、被害は最小限に食い止めることができます。

2.闇金への返済義務の有無

闇金への返済義務の有無

闇金業者は法外でお金の貸し借りをしている違法業者ですので、そこから借りたお金は不法原因給付に該当します。
つまり借りたお金は不当利益となるので、それを返済する義務はありません
さらに言えば以前に返済したお金も不当利益になりますので、返還請求をして返してもらうことも可能です。
実際に平成20年には、最高裁で闇金からの借金は返済義務がないという判決が出ていますので、法的にも返済義務がなことが明らかになっています。

とはいえ闇金への返済を急に止めてしまうと…

その一方で、返済義務がないということを闇金業者に伝えても状況を打開できないというケースは多いようです。
そもそも闇金業者というのは、法律外の行為をしているために法的な抑止力は効果が無く、かえって逆上させてしまうことで脅迫や暴力が悪化する可能性もあります。

近年では闇金業者に関する漫画などの影響で、多くの方は闇金業者からの返済義務がないことを知っている人も増えてきました。
知識をつけた人のなかには、逆にそのことを利用して闇金業者からの借金を踏み倒す人もいるといわれています。
そこで闇金業者としても、かなり敏感になってきているということが事実のようです。

闇金業者からの借金には返済義務がないからといって、返済をせずにそのまま放置しておくと、上に挙げたような取り立てが始まります。
やはり、早めにきちんと対処することが重要だといえるでしょう。

3.闇金に返済できないときに頼るべき相手とは?

闇金に返済できないときに相談すべき相手

もしあなたが闇金業者から借りているお金を返済できなくなったという場合、一番頼りになるのは弁護士事務所です。
実は闇金業者がまず恐れているのは弁護士であり、なかには弁護士という名前を出すだけで、取り立てから身を引く闇金業者もあるほどです。

闇金業者が恐れるのは、高金利違反無登録営業といった違反行為に対する罰則です。
これらの罰則は比較的重く、どちらも5年以下の懲役、または1千万円(法人の場合1億円)以下の罰金です。
もしこれらの点で弁護士から訴訟された場合には、闇金業者にとって大きな痛手となるわけです。

それらを踏まえて、あなたがもし闇金の借金が返済できずに取り立てに困っているのであれば、すぐに弁護士事務所に相談しましょう。

警察への相談はどうなの?

ここで、人によっては警察に連絡をするという方もいるかもしれません。
警察が介入して解決に導いてくれるというケースも、確かにあります。
しかし、警察の場合には「民事不介入の原則」があり、実害が出ていない限りは闇金の問題でも動いてくれないことが少なくありません。

恐喝や暴力といったことでもあれば介入してくれるでしょう。
しかし闇金業者というのは、どこまでが違法になるのかをよく知っているため、実際にそれを警察に伝えたところで動いてもらえないということも多いです。
さらに、闇金業者は警察の対応に慣れているため、居場所が特定できないように携帯電話を切り替えたり、事務所を頻繁に引越しさせたりします。
もっとも厄介なこととして、警察に訴えたことで闇金業者を逆上させてしまい、取り立てや恐喝がさらに深刻なものになってしまう可能性もあるため、細心の注意が必要です。

闇金業者は、借金をしている人を怖がらせて第三者に相談させないという手をよく使いますので、恐喝や暴力などの恐怖には屈しないようにすることが大事です。

司法書士や法テラスはどうなの?

弁護士事務所以外に相談ができる機関として、司法書士法テラスなどの窓口もあります。
弁護士と司法書士を一緒に考えている方もいるかもしれませんが、その違いは債務整理の額です。

債務整理をする場合、140万円を下回る場合にのみ司法書士に相談することができ、それ以上のものは弁護士に相談しなければなりません
もしあなたが闇金以外にも、多重債務でほかの金融機関を利用している場合には司法書士では対応できないケースがあります。
したがって、はじめから金額に上限のない弁護士に相談するのが良い選択といえるかもしれません。

【注】闇金のお悩みを相談したい方は闇金のトラブル、相談するならまずは弁護士!その理由を徹底的に解説しますをご確認ください。

続いて相談が可能なのは、法テラスです。
法テラスは公的なサービスで、無料で法律に関する情報提供を得ることができるのがメリットです。

無料電話相談があり、誰でも利用をすることができますが、実際に電話に出るオペレーターは弁護士ではありません
したがって闇金のことを相談しても、結局は返済義務がないことや、弁護士を紹介してもらうだけで終了してしまいます。

弁護士を紹介してもらうといっても、その紹介してくれる弁護士が闇金に関する問題に強いかというと、必ずしもそうではありません。
したがって、わざわざ法テラスで相談するのであれば、自分で闇金業者に強い弁護士事務所を探して、直接依頼をするほうが時間的に見ても効率が良いでしょう。

相談場所はほかにも

その他の窓口として、消費生活センターがあります。

別名を独立行政法人国民生活センターと言いますが、全国に窓口があるので気軽に相談できるのがメリットです。
この消費生活センターでは相談会を開催しており、弁護士や司法書士に無料で相談することができるようになっています。
しかし、わざわざ相談会に足を運ぶ必要があり、そこで相談できる弁護士や司法書士がみんな闇金業者に強いわけではありません。

また、被害者の会に相談するという方法もあります。

この場合には無料ではなく、年会費や月会費が発生してしまいます。
同じような境遇にあった人と思いを共有できるのは、精神的にも大きなメリットがありますが、余計な費用がかかってしまったり、根本的な解決が期待できないことも多いようです。
また、なかには被害者を裝って、詐欺を行うような事件も発生しており、注意が必要な場合もあります。

そのような理由から、闇金業者で相談をするのであれば、闇金業者に特化している弁護士事務所に相談するのがよいでしょう。

4.頼れるのは法律の専門家である弁護士

4.頼れるのは法律の専門家である弁護士

もし闇金業者からの返済が間に合わないというのであれば、そのままにしておくのではなく、すぐに弁護士事務所に相談するようにしましょう。
警察や司法書士、消費生活センターなどの様々な相談窓口が世の中にはありますが、一番効率が良く効果的なのは弁護士事務所に直接相談するという方法です。

法律的に見れば、闇金業者から借りたお金は返済義務がないことになっているものの、闇金業者相手に素人が立ち向かうのは無謀です。
なるべく早めに弁護士事務所に相談することが大事です。

また場合によっては、いまお金を借り入れている金融会社が闇金業者なのかどうか分からないということもあるでしょう。
闇金業者の特徴としては、契約を書面でやりとりしないことや、連絡先が固定電話でなく携帯電話であったりする点が挙げられます。
さらに、利率が法外な高さであるというのも、闇金業者ならではの特徴と言えるかもしれません。
相手が闇金業者であるかそれでも分からないという場合には、その確認も含めて弁護士事務所に相談することができます

まとめ

まとめ

いずれにせよ闇金業者からの借金が返済できない時には、そのままにしておいたり自分だけで処理しようとはせずに、専門家の力を借りることが何よりも重要といえるでしょう。

弁護士法人イストワール法律事務では、闇金問題に関する相談を無料で受け付けています。
闇金の解決実績が豊富な当事務所へ、安心してご相談ください。

闇金のお悩みはもうやめませんか?
必ず解決策を見つけ出します。


弁護士法人イストワール法律事務所に
闇金のお悩みを無料でご相談ください