押し貸しされる原因は?対処法はあるの?【弁護士が分かりやすく解説!】

この記事は 5 で読めます

押し貸しされたときの原因と対処法は?弁護士が解説

知らない人からお金が振り込まれたんだけど、どうしたらいいの…?」
「闇金から押し貸しをされたんだけど、どこに相談すべき?」

そんな疑問をもったあなたのために、この記事では押し貸しの対処法をご紹介します。

急にお金が振り込まれて不安な気持ちもあるでしょうが、まったく怯える必要はありません
専門家の力を借りながら対処をすることで、落ち着いて問題を解決していきましょう。

1.押し貸しってなに?

1.押し貸しってなに?

押し貸しとは、見知らぬ誰かによって自分の口座へ勝手にお金が振り込まれ、のちに利息とともに返済を要求される手口のことです。
これは闇金のやり口の一つです。

押し貸しは大きく2種類に分けられます。

  • 身に覚えがないお金を勝手に振り込まれるケース
  • 闇金を利用したことがあり、すでに完済しているのにさらに振り込まれるケース

完済したあともさらに押し貸しをすることで、利用者が逃げられないようにするのが押し貸しの恐ろしい点です。

【注】押し貸しではなく、闇金の返済で悩んでいるという方は【弁護士が教える!】闇金の返済に悩んでいる人に知っておいてほしい真実をご確認ください。

2.押し貸しの被害にあってしまう原因

押し貸しの被害にあってしまう原因

この押し貸しでは、闇金も一歩間違えれば振り込んだお金を回収することができません。
したがって、ただ闇雲に誰にでも押し貸しをするわけではありません。

押し貸しのターゲットになりやすい被害者の特徴は、過去に闇金とつながったことがある人です。

【注】すでに闇金の取り立てでお悩みの方は【闇金の被害にあったら】経験豊富な弁護士がトラブルの解決方法をお教えしますをご確認ください。

原因① 闇金を利用したことがある

闇金を以前に利用したときの銀行口座をいまだに使用しているような場合、闇金がその口座を利用して押し貸しをするというのはよくある手口です。
また、過去に利用した闇金Aから別の闇金Bへあなたの個人情報が流出してしまい、あなたがまったく利用したことのない闇金Bから押し貸しされることもあります

闇金のあいだで利用者の個人情報は売買されているのです。

原因② 闇金を利用しかけたことがある

上記のように実際に闇金を利用したことがなくても、闇金に口座番号や名前が渡ってしまうと押し貸しの被害にあいやすくなります
たとえば以前闇金と契約しそうになったが結局怖くなって利用するのをやめたというような場合は、闇金業者に個人情報が知られてしまっています。

したがって、闇金の押し貸しのターゲットとなりえます。

原因③ ネットオークションから個人情報が流出している

最近増えているのが、ネットオークションで個人情報を他人に教えてしまったというケースです。
ネットオークション上の取引において口座番号が悪質な利用者に渡ってしまうと、結果として押し貸しの被害にあってしまうことがあります。

ネットオークションでは、取引相手の情報があまり分かりません。
場合によってはその取引相手が闇金であったり、その関係者である可能性があります。

原因④ クラウドソーシングサービスで悪質な相手と取引してしまった

最近ではインターネット上で直接クライアントと契約し、仕事に対して報酬を振り込んでもらうというスタイルが増えています。
ネットオークションだけではなく、クラウドソーシングサービスに登録した個人情報を悪用されているケースもあります。
相手が実は闇金で、口座番号だけを抜き取っているのです。

とくに取引条件が良すぎる場合や、発注履歴がないようなクライアントは危険性が高いです。

原因⑤ 詐欺サイトを利用したことがある

詐欺サイトを利用したことがありませんか?
詐欺サイトから個人情報が漏れてしまい、悪用されるケースがあります。

インターネット上ではさまざまな詐欺サイトがあり、悪用のために口座番号や個人情報を入力させられる場合があります。
さらにあるサイトやメールマガジンなどでは表面上害がなさそうに見えても、実はそのサイトの運営者が闇金とつながっているのです。

3.押し貸しされたらまずとるべき2ステップ

3.押し貸しされたらまずとるべき2ステップ

銀行口座に知らない相手から入金があり、上記に思い当たる節が少しでもあればそれは闇金からの押し貸しの可能性があります
押し貸しされたときは、以下の正しいステップを踏んで対処しましょう。

ステップ① 振り込まれたお金は使わずにとっておく

知らずのうちに押し貸しされたお金を使ってしまい、あとから悪質な取り立てを受けたというケースもあります。
押し貸しされても「なんだか分からないけどラッキー」などと軽くとらえてはいけません。

振り込まれたお金は、使わずに口座に残しておきましょう
お金に困っていたとしても、絶対に使ってはいけません。

なぜならお金を使ってしまったという事実があると、闇金から返済を要求されたとき相手が強気に出る可能性が高いからです。
あなたもお金に手を出している手前、借りたお金は返さなければならないとう義務感を感じてしまいます。
「闇金が勝手にやったことだけど、使ってしまったなら返済しなくては…」と悩まされる闇金の手口にハマってしまいます。

ステップ② 振り込んできた相手をつきとめ、誤振込でないか確認する

振込名義が個人名だったり一般的な企業名であった場合、「誤振込」である可能性があります。
その場合には振り戻しといわれる手続きによってお金を返還しなければなりません。

まずは、振り込んできた相手に確認をとりましょう。

4.押し貸しの相手が闇金だった場合の対処法

4.押し貸しの相手が闇金だった場合の対処法

押し貸しされたお金は、まずはとっておきましょう
そのうえで、振り込んできた相手の名前をネット検索してみてください。

ではそこで、もしも相手が闇金と分かった場合には一体どうすべきなのでしょうか?

まったく焦る必要はありません
なぜなら、あなたは融資を契約したわけでも融資を受けたわけでもないからです。

ただ、押し貸しされたのです。
以下の対処法を読んで、落ち着いて対処していけば問題ありません

①闇金に強い弁護士に相談する

闇金から押し貸しにあってしまった場合の正しい対処法は、闇金に強い弁護士に相談することです。

  • 弁護士の無料相談を利用する
  • 弁護士に闇金にどう対応すればよいか指示を受ける
  • 闇金の押し貸し問題を解決できる

弁護士が受け付けている無料相談を利用して、どのような対応をすればいいか指示をうけることができます。

闇金のなかには、弁護士をかなり恐れているところも多くあります。
闇金が返済を要求してきたときには弁護士の名前を出して、いま相談中であることを伝えるだけで引き下がるというケースも報告されています。

【注】闇金のお悩みを相談したい方は闇金のトラブル、相談するならまずは弁護士!その理由を徹底的に解説しますをご確認ください。

②押し貸しを放置せず相談する

押し貸しを無視して、放置しておくことは危険です。

なぜなら押し貸しされたということは闇金はすでにあなたの個人情報を把握しており、いくらでも取り立てや嫌がらせを始められるからです。
場合によっては口座番号や電話番号だけではなく、住所や勤務先などの情報もすでに闇金が握っている可能性があります

闇金からの請求を無視しつづけると、あなたの家族や職場にまで嫌がらせや取り立てが及ぶかもしれません。

③押し貸しされたお金は、触らずにとっておく

闇金と一度関わったことのある方なら、闇金が融資してきたお金は元金も利息も一切返済する必要がないということを知っているかもしれません。
実際に平成20年の最高裁では「闇金の請求には元金ですら返済義務がない」という判例が出ています。

しかし、だからといって押し貸しされたお金を使ってしまってはいけません
なぜなら、闇金が「誤って振り込んだお金を勝手に使われた」と主張する可能性もあるからです。
その場合、あなたが詐欺罪で罰せられる可能性があります。

一般的に押し貸しで振り込まれるお金は少額でもあるので闇金業者がわざわざ裁判をすることはないかもしれませんが、それでも闇金業が元金を回収しようとしてしつこく嫌がらせ取り立ててくることも考えられます。
押し貸しされたお金は使わずにとっておき、そのまま返すようにしましょう。

④押し貸しに利子をつけて返済しようとしない

では押し貸しされたお金に、利子をつけて返済を要求された場合はどうなのでしょうか?
もし闇金からそのように脅された場合でも、要求に応じてはいけません

闇金にとって、押し貸ししたお金を利子とともにおとなしく返済してくる相手は格好のカモになります。
返済してもまたすぐに押し貸しの被害にあってしまうことでしょう。

⑤供託制度を利用する

供託制度とは、押し貸しで振り込まれたお金を闇金が受け取らない場合、法務省にそのお金を預けられる制度です。
供託制度を利用すれば返済するお金は手元にないことになりますので、闇金からの返済要求はなくなるかもしれません。

弁護士に相談する際には、この供託制度を利用するべきかどうかを聞いてみましょう。

⑥流出してしまっている個人情報を変える

そして何よりも重要な対処法は、闇金に握られてしまっている個人情報を変えることです。

  • 銀行口座を解約する
  • 電話番号を変更する

もしこのまま同じ銀行口座や携帯電話番号を使いつづけた場合、また闇金のターゲットにされてしまう可能性があります。
流出してしまった個人情報は、すべて変更しておきましょう

まとめ

まとめ

押し貸しされたとしても焦る必要はありません
しっかりと対処することで、被害を広げることなく解決することができます。

まずは突然振り込まれた入金が、誤振込なのか、それとも闇金からの押し貸しなのかを確認してください。
もし闇金からの押し貸しであった場合には、闇金に強い弁護士への無料相談を利用しましょう

弁護士法人イストワールは、これまでに数多くの闇金問題を解決してきました。
ノウハウを知り尽くしたイストワール法律事務所へ、安心してご相談ください。

闇金のお悩みはもうやめませんか?
必ず解決策を見つけ出します。


弁護士法人イストワール法律事務所に
闇金のお悩みを無料でご相談ください