【闇金の申込みがキャンセルできない!】そんなあなたを救う6つの行動をご紹介

この記事は 6 で読めます

キャンセルできない闇金と決別するための6つの行動

借入の申込みをキャンセルしたいのに、闇金に認めてもらえない…」
「なのに結局、滞納した分の利息まで払わされてしまった…

こんなやり取りをしながら、あなたも闇金に余計なお金を支払ってはいませんか?
実はこれ、闇金がよく用いる手口の一つなのです。

しかし、この記事で紹介する方法を使えば、今の状況を打開していち早く闇金と決別できます

では、キャンセルできない闇金と決別するために、一体どのような対処をすればよいのでしょうか?

キャンセルできない闇金に対して取るべき6つの行動

キャンセルできない闇金に対して取るべき6つの行動
消費者金融だと思い借入を申し込んだが、あとになって業者が闇金だと気づいた。」
こんな場合には今すぐにでも申込みをキャンセルして、闇金からは手を引きたいと考えるでしょう。

しかし一方、あなたの個人情報はその時点で既に闇金の手に渡ってしまっています

「もしも無理にキャンセルでもしたら、個人情報を悪用されるんじゃないか…」
そう考えて、どこか不安になる気持ちもあるのではないでしょうか。

この場合、あなたの頭のなかに思い浮かぶのは以下のような選択肢です。

  • とにかくキャンセルするために、キャンセル料を払う
  • キャンセルせずにそのまま借りて、通常どおり返済をする
  • キャンセルに応じない闇金を無視して、返済はしない

これらは、すべて間違った選択です。

実際には、それぞれ以下のような結果が待ち受けています。

  • キャンセル料を払ってキャンセルする
    →そもそも払う必要のない多額のキャンセル料を払わされる
  • 通常どおり返済する
    →闇金からカモだと認識され、その後も何かとゆすられる
  • 闇金は無視して、返済はしない
    →個人情報を利用され、家族や職場まで嫌がらせが及ぶ

闇金にキャンセルさせてもらえないような状況でも、正しい行動を選択していけばトラブルを防ぐことができます

ここからは、あなたが取るべき行動を順番に紹介していきます。

① 闇金からの電話には出ない

まず大切なことは、闇金に対してお金は一切払わないという意思表示をすることです。
なぜなら、初めに脅せば払うヤツだと闇金に思われてしまうと、闇金はあなたにしつこく迫ってくるからです。

現に、闇金から以下のような電話がかかってきてはいないでしょうか。

  • 「キャンセルをしたいならキャンセル料を払え」
  • 「キャンセルはできない。もうお金は振り込んだので、利息をつけて返せ」
  • 「このまま無視を続けるようなら家族や会社にも嫌がらせする」

これらの脅しに対しては、電話に一切出ないという対応をしましょう。
闇金からの問いかけには無視を決め込み、お金は払わないという姿勢を示しましょう。

② 闇金に教えてしまった口座は解約する

契約時に闇金に口座を教えてしまい、もしかすると悪用されてしまうのではないかと不安になる方は多いと思います。

もしも教えてしまった口座がある場合、その口座は解約しましょう

口座情報が流出したままだと、以下のような危険性があります。

  • 口座を利用した押し貸しの被害にあう
  • 関係のない犯罪に口座を利用され、事件に巻き込まれる
  • 口座情報が闇金業者のあいだで売買され、二次被害を生む

闇金は、ためらうことなく顧客の口座を悪用します
教えてしまった口座は、悪用される前に解約をしましょう

③ 借金のキャンセル料は支払わない

キャンセル料を払ってでも、今すぐこの状況から抜け出したいと思う方もいるでしょう。

しかし、この考え方は危険です。

闇金はお金を払えば払うほど、もっとお金を払わせようと催促してきます
この客は脅せばカネを払う、と味をしめるのです。

したがってキャンセル料を払ったとしても、問題から逃れられるどころかむしろ逆効果なのです。
また新たな言いがかりをつけて、取り立てが始まるでしょう。

闇金には決して屈せず、絶対にキャンセル料は支払わないようにしましょう。

④ どれだけ脅されても返済はしない

返済する気がないことを伝えると、闇金はあの手この手の言葉を使っておどしてくるでしょう。

  • 営業妨害として訴える
  • 虚偽契約として訴える
  • とにかく法的措置をとる

たとえ、このようなおどしを受けていたとしてもご安心ください
これらすべてのおどしは、一切の効力を持ちません

なぜなら、そもそも闇金自体が違法に営業しているからです。
闇金は、少なくとも2つの法律に抵触しています。

  • 出資法
  • 賃金業法

この時点で、闇金営業妨害虚偽契約などで訴えることは不可能なのです

【注】闇金におどされる生活から、今すぐに抜け出したい方は【闇金の被害にあったら】経験豊富な弁護士がトラブルの解決方法をお教えしますをご確認ください。

⑤ 押し貸しをされても相手にしない

キャンセルをする間もなく闇金から一方的に振り込まれたお金についても、返済を心配する必要はありません

これは、押し貸しと呼ばれています。
口座に一方的にお金を振り込み、利息と一緒に返済をさせるという手口です。

一方的な融資に、返済の義務はありません

振り込まれたお金には手を触れず、そのままとっておくように注意しましょう。

⑥ 弁護士を介入させる

ここまで、とるべき行動について5つを説明しました。

  • 闇金からの電話には出ない
  • 闇金に教えてしまった口座は解約する
  • 借金のキャンセル料は支払わない
  • どれだけ脅されても返済はしない
  • 押し貸しをされても相手にしない

ではこれらの行動を取ったとして、一体だれが闇金の脅しや嫌がらせからあなたを守ってくれるのでしょうか

そのとき味方になるのが、弁護士です。

お金を払わない意思を闇金に示せば、次第に家族や職場にまで嫌がらせが及ぶことも考えられるでしょう。
そこで力を発揮できるのが、弁護士なのです。

まずはあなたがやれることをやり、闇金に屈しないという意志を持ちましょう。

さらに弁護士に入ってもらえば、思いのほかあっさりと闇金は身を引きます
なぜなら闇金は、弁護士の介入によって逮捕される可能性が一段と高まるからです。

まずは、あなたが闇金の要求に応じないことが大事です。
そして闇金がヒートアップする場合には、弁護士の力を借りて丁寧に問題を解決していきましょう。

まとめ:闇金も正しく対処すれば怖くない

まとめ:ただしく対処すれば闇金は怖くない
今回は、キャンセルできない闇金と決別するための6つの行動をご紹介しました。

  • 闇金からの電話には出ない
  • 闇金に教えてしまった口座は解約する
  • 借金のキャンセル料は支払わない
  • どれだけ脅されても返済はしない
  • 押し貸しをされても相手にしない
  • 弁護士を介入させる

闇金からキャンセルできないと言われようとも、正しいステップで対処していけば問題ありません
弁護士も上手に利用することで、闇金ときれいに縁を切ることができるでしょう。

弁護士法人イストワール法律事務所では、闇金被害の相談は無料です。
闇金対応の実績も豊富ですので、お気軽にご連絡ください。

闇金のお悩みはもうやめませんか?
必ず解決策を見つけ出します。


弁護士法人イストワール法律事務所に
闇金のお悩みを無料でご相談ください