【自己破産も闇金には効果ナシ!?】弁護士が解説するトラブルの確実な解決方法

この記事は 5 で読めます

自己破産せずに闇金の取り立てを止め、借金を0にする方法

まずはじめに、自己破産をすれば闇金の取り立ては止められるのでしょうか?
「破産宣告をしたら、さすがの闇金も許してくれるだろう…」と、考える方もいるかもしれません。

しかし実は、自己破産だけでは闇金からの取り立てを止めることはできません

この記事では、闇金における自己破産の意味と、さらに自己破産をせずに闇金への借金を0にする方法をあわせてご紹介します。

1.自己破産することで、闇金に対する効果はあるの?

自己破産は闇金に対して効果的なのか?

そもそも自己破産とは?

自己破産とは、裁判所に破産を申し立てて免債を認めてもらうこと、つまり借金の返済を免除してもらう一連の手続きのことを指します。
債務者の収入額や借入などの状況を考慮して、裁判所が借金の返済免除を判断するのです。

自己破産には、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット
  • 借金を0にすることができる
  • 賃金業者からの取り立てが止まる
  • 免責後も、一定の財産を手元に残せる
デメリット
  • いわゆるブラックリストに一定期間登録される
  • 官報に自己破産した事実が残る
  • クレジットカードが使えなくなる
  • 高額の財産が没収される
  • 就ける職業が一時的に制限される

自己破産をすることで借金を0にできたり、賃金業者からの取り立ても止められます

これらのメリットは、闇金を利用している当事者にとってかなり魅力的でしょう。
自己破産すれば、闇金からも解放される…と安易に考えてしまいそうにもなります。

しかし、闇金法律を平気で無視して営業するようなです。
私たちが考えるほど、簡単には逃がしてくれません

たとえ自己破産をしても、闇金がすぐに引き下がるとは限らないのです

実は自己破産しても、闇金への借金がなくならない?

まず自己破産をしたところで、闇金への借金はなくなりません。
というよりも、闇金への借金などもともと存在しないのです

そもそも、闇金の貸付金利は異常なまでに高額であり、法律に違反しています
このような貸付金は不法原因給付と呼ばれるものに該当し、法律上返済をする必要がありません

つまり闇金に対しては、自己破産どころか借金を返済する必要すらないのです。
自己破産をしても、無駄なデメリットを受けるだけなのです。

あなたが思い悩んで自己破産するようなことがあろうとも、闇金には全く関係がないのです。

闇金は自己破産しても取り立てをやめない

あなたが自己破産をしようが、闇金は取り立てをやめません

もちろん一般的な賃金業者であれば、自己破産した後にも取り立てを続けることは違法です。
しかし闇金は存在自体がそもそも違法であるため、自己破産がきっかけで取り立てを止めるとはあまり考えられません

闇金も、自分たちが違法であること分かった上で運営をしているのです。

ここで闇金が違法である具体例を、以下に挙げてみます。

  • 賃金業者として無登録での営業(5年以下の懲役、1千万円(法人の場合1億円)以下の罰金)
  • 法外な高金利(5年以下の懲役、1千万円(法人の場合3千万円)以下の罰金)
  • 正当な理由のない夜間の取り立て
  • 勤務先など居宅以外への電話や訪問(2年以下の懲役、3百万円以下の罰金)

ご覧の通り、闇金には法律を守る気などが毛頭ないのがよく分かるでしょう。

自己破産は、クレジットカード会社銀行などの合法な賃金業者に対する債務に適応されます。
闇金に対する効果はほとんど望めないでしょう。

【注】闇金の取り立てから、今すぐに逃げ出したい方は【闇金の被害にあったら】経験豊富な弁護士がトラブルの解決方法をお教えしますをご確認ください。

自己破産すると再び闇金のワナにはまってしまうかも

自己破産をすると、あなたの個人情報はブラックリストや官報に残ってしまいます

そして一方で闇金が貸付をするターゲットは、一般の消費者金融や銀行から見放されてしまった債務状況が非常に悪い人たちです。
つまり、ブラックリストや官報に載るような人を狙って営業を行います。

自己破産することで個人情報がリストに載ってしまえば、また新たな闇金があなたを狙う可能性が出てきます

今利用している闇金から逃れようとして、結果的に他の闇金から狙われてしまうのです。

2.自己破産せずに、闇金と縁を切る方法

自己破産せずに闇金と縁を切る方法
ここまで見てきたように、闇金から逃れるための自己破産あまりよい方法とは言えません

重要なポイントは、以下の4つです。

  • 自己破産しても闇金への借金はなくならない
  • 自己破産しても闇金は取り立てをやめない
  • そもそも闇金の借金は返済する必要がない
  • 自己破産すると新しく他の闇金から狙われてしまう

では、闇金から逃れるためにはどうすればいいのでしょうか

闇金の借金に返済義務はありませんので、まずは借りている側に返済の意思がないことを闇金に伝えなければなりません
そうすれば、闇金も不要に取り立てをしなくなります。

では、どのようにしてそれを闇金に伝えるのでしょう?

頼るべきは法律の専門家

ここであなたの強力な味方になるのが弁護士です。
個人で闇金に対抗するのは非常に危険ですので、積極的に専門家の力を借りましょう。

弁護士は、あなたと闇金のあいだに介入して、違法性を主張することができます。
闇金側としても、弁護士が入ってしまった以上は取り立てを続けることがリスクになると判断して、あっさりと身を引くのです。

まとめ:闇金対策のための自己破産はやめましょう

まとめ:闇金対策をするなら自己破産はやめましょう
闇金と縁を切るために、自己破産をする必要は全くありません

  • 自己破産は、闇金には無関係
  • 闇金の借金は、返済しなくてよい

これら2つの事実を、忘れないでおきましょう。
もしも闇金との問題で悩んでいる場合には、弁護士を頼るのがおすすめです。

弁護士法人イストワール法律事務所には、闇金対応の実績・ノウハウが豊富にあります。
近年の複雑化している闇金の特徴や最新手口についても、しっかりとフォローしています。

闇金被害でお困りの方は、今すぐイストワール法律事務所へご連絡ください。
あなたに合わせた最適な解決方法をご提案いたします。

電話・メールでの相談は、無料で受け付けています。

闇金のお悩みはもうやめませんか?
必ず解決策を見つけ出します。


弁護士法人イストワール法律事務所に
闇金のお悩みを無料でご相談ください