【闇金からお金を借りたい人必見】あなたが本当に取るべき対処法はこれだ!

この記事は 4 で読めます

「闇金から借りたい...」というほど行き詰まった人がとるべき行動

「どうしてもお金が必要で、もう闇金から借りるしかない…

そんな考えをもってはいないでしょうか。
いくら闇金から借りたいと思っても、絶対に借りてはいけません

この記事では、闇金から借金してはいけない理由借金問題の根本的な解決策についてご紹介します。

1.「闇金から借りたい…」と思っても借りてはいけない3つの理由

「闇金から借りたい...」と思っても借りてはいけない3つの理由

いくら「闇金から借りるしかない」と考えていても、絶対に借りてはいけません

なぜなら、確実に今よりも生活状況が悪化してしまうからです。

闇金から借りてしまえば、今月は苦しい状況を乗り越えられるかもしれません。
ただ、長期的に見れば借金はどんどん増えていきます

今よりくるしい状況になっていくのです。

具体的に闇金から借りるとどういった状況になってしまうのかを見ていきましょう。

【注】すでに闇金から借金をしてしまい、困っている方は闇金のトラブル、相談するならまずは弁護士!その理由を徹底的に解説しますをご確認ください。

① 長期的には返済額が増えてしまう

闇金から借りたいと思っているのなら、すでに消費者金融からも借りている方がほとんどでしょう。

一般的な消費者金融は、利息制限法という法定内での利息を定めています

しかし、闇金は違います

闇金は、どこからも借りられない状況におちいってしまった多重債務者を対象にしています。
そんな多重債務者の足元を見て、法外な利息を設定しているのです。

闇金から借りてたとえ今月の支払いや返済を済ませたところで、その闇金への返済はどうしますか?
多額の利息がつき、さらに借金が増えてしまいますよね

その利息を返すためにさらに借金をくり返し、こうして多重債務者は借金地獄にはまっていきます

このように、闇金から借りて現状を乗り切っても、長期的に見れば確実に今よりもひどい状況になってしまうのです。

② 闇金の取り立てはひどい

あなたは今、消費者金融からも取り立てを受けていますか?

返せない場合の闇金の取り立ては、そんなやさしいものではありません

闇金からの取り立ては異常です。

  • 何度も電話をかけてくる
  • 電話での脅迫
  • 自宅前で待ち伏せされる
  • 自宅に貼り紙を貼られる
  • 職場に電話をかけてくる
  • 家族に電話をかけられる
  • 自宅に勝手に出前を頼まれる嫌がらせ

このように、闇金は家族や職場にも嫌がらせや取り立てを行います
闇金から取り立てられるようになれば、経済的にだけではなく精神的にもより苦しい状況になるでしょう

③ 犯罪に巻き込まれる危険性がある

闇金は数々の違法行為をおこなっています。
そんな闇金から借りると犯罪に巻き込まれる可能性があります

知らないうちに、あなたも以下のような犯罪を犯してしまうかもしれません。

  • 闇金への口座の代理開設、譲渡による銀行への詐欺行為
  • 闇金への携帯電話の代理契約、譲渡による携帯会社への詐欺行為

債務者がどうしても返済できない場合、闇金はこれらの行為を条件に和解を提案してきます
うっかりでもこれらの行為をしてしまえば、あなたも犯罪者となってしまうのです。

2.「闇金からでも借りたい…」と思ったら債務整理を検討しよう

「闇金からでも借りたい...」と思ったら債務整理を検討しよう
闇金から借りるべきでないのなら、どうすれば現状を打破できるのでしょうか

いまの現状を打破する方法は、債務整理を検討することです。

債務整理とは、借金問題がどうしようもない状況になってしまった債務者とその債権者のあいだに弁護士や司法書士が介入し、債務者の借金問題を解決する方法です。

債務整理には、以下の4つの種類があります。

  • 過払い金請求
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 任意整理

それぞれがどんなものなのかを見ていきましょう。

3.債務整理の4つの種類

債務整理の4つの種類

① 任意整理

任意整理とは、将来支払うはずの利息をカットすることで返済を可能にする手続きです。

裁判所とのやりとりが必要なく、債務整理の中でも一番手軽な方法となります。

② 過払い金請求

過払い金請求とは、債務者が過去に利息制限法を上回る利息率で返済していた場合、すでに完済した借金に対して払いすぎた利息の返還を請求できる手続きです。

もしあなたが過去の借金で利息を払いすぎていた場合、払いすぎていた分の返還を請求できるのです。

この過払い金があった場合には、返還された分を今抱える借金の返済にあてることができるかもしれません。

③ 個人再生

個人再生は、債務者に継続的に収入がある場合にのみ、3年以内に完済を見込める額まで借金を減額できる手続きです。

自宅などの財産を残しつつ、借金を減らすことができます。

④ 自己破産

自己破産は、自分が今抱える財産をすべて失う代わりに、今抱える借金もすべて帳消しにできる手続きのことです。

自己破産は借金もすべて帳消しにできますが、財産も失ってしまうため債務整理の中では最後の手段とされています。

まとめ:闇金から借りるくらいなら債務整理をしよう

まとめ: 闇金に借りるくらいなら債務整理の検討を
くり返しになりますが、たとえ「闇金から借りたい」と考えいても、絶対に闇金からは借りるべきではありません
闇金から借りずとも、あなたの経済状況を回復させる道はまだ残されています。

適切な債務整理であれば、人生を再スタートすることは可能です
ぜひ検討してみてください。

闇金のお悩みはもうやめませんか?
必ず解決策を見つけ出します。


弁護士法人イストワール法律事務所に
闇金のお悩みを無料でご相談ください